ライフハック

【脱‼︎ 色シミ】スレートプレートの正しいお手入れの仕方

しんのすけ
しんのすけ
ども、ブロガーのしんのすけです。

スレートプレートって知ってますか?

おそらくお店で1度は見たことあるかと思いますが、天然石のお皿のことです。

しんのすけ
しんのすけ
昨年から飲食店でバカ売れしているお皿でございます!!

ぼくも何枚か所有しています♪

▼スレートプレートの関連記事▼

僕がニトリのスレートプレートをおすすめしない4つの理由 今回お話しする記事は、実際の体験に基づいて執筆しております。 あくまで個人的な意見ですので参考程度に見てください。 ...

 

しんのすけ
しんのすけ
うまそおおすぎい!

 

この今空前の大ブームであるスレートプレートですが、取り扱いが難しいと問題視されています。

本日はその問題点と改善方法について執筆していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

こんな人に読んでほしい

スレートプレートのシミや色ムラに悩んでいる

この記事でわかること

正しい手入れのやり方
シミ・ムラを改善する方法
手入れを行う際の注意点


3分程度で読める記事となっています。

取り扱いは優しく丁寧に! 問題点と改善方法をcheck!!

スレートプレートとは人工的に作られたお皿ではなく、天然の石を削って作られたものです。

 ちょっとの振動で欠けた
 酸の強いものを乗せて色ムラになった

等々、使っていくうちに様々なことが頻繁に起こります。

少しの振動で欠けた!

陶器のお皿でも欠けることはあると思うのですが、スレートプレートの材質はものすごく柔らかい石なので、陶器よりも簡単に破損する(欠ける)ことはよくあります。

しんのすけ
しんのすけ
届いたときにはすでに欠けていたってこともたびたびありました!

お店で使用される際は異物混入の恐れもあるためなるべく安全な場所に保管するようにしましょう。

色ムラになった!

スレートプレートの色ムラ問題は最もよくありがちな点と言えます。

僕も購入時はサラダを盛りつけるのに使用しました。

洗浄後によく見ると上記の写真みたいになっていたんです。

あとあとよく調べてみると石の性質上、酸の強いもの(レモンなど)を乗せると表面が過敏に反応してしまい色ムラが発生してしまうということがわかりました。

1度ついたこのシミやムラはいくら洗っても取れませんが、改善することは可能です。

正しい手入れの仕方をご紹介!

鋳物スキレットが錆びるのと同じで天然石のスレートプレートも使用後の手入れ次第でコンディションが変わってきます。

特に酸味の強い成分を持つ物(レモン、トマト等)を盛り付ける場合はとくに気を使いましょう。

では手入れの仕方に参ります。

使用後の正しい手入れの3つのポイント

ポイント①:使用後はスポンジで優しく洗う

柔らかくて、泡立ちが良いスポンジと、油汚れを完全に取り除いてくれる中世洗剤がおすすめです。

しんのすけ
しんのすけ
洗浄後はよくよく乾かしてくださいね

たわしは厳禁です。
ひび割れや傷がつく原因となるので絶対にやめましょう。

ポイント②:完全に乾いたら、乾性油でコーティングしましょう

スキレットもサビ防止のために油でコーティングしますが、スレートプレートも同じです。

こうすることでシミや色ムラが完全に消える上に、表面の色が濃くなりツヤピカで見栄えもよくなります。

さらには、食材の匂いや油も寄せ付けなくなりまさに一石二鳥です。

しんのすけ
しんのすけ
コーティングしていないものと見比べると、している方があきらかに華やかですよね

食用で乾性油あればなんでもOKです。

亜麻仁油
菜種油

オリーブオイルやサラダ油は不乾性油なのでベタベタになります。

なるべく薄く伸ばしてから新しいキッチンペーパーで乾拭きしてくださいね。

 

 

ポイント③:再度洗剤で余分な油を洗い落としましょう!

1度コーティングしてしまえば洗剤で洗ったとしても全く問題ありません。

もうシミに悩まされることはないでしょう!

天日干し超大事!!

まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一人暮らし男子大学生のごはん(20)(@hibi_tanosiku)がシェアした投稿

今バカ売れしているスレートプレートは、組み合わせ次第でどんなものでもお洒落に魅せることができる魔法のお皿といっても過言ではありません!

天然石なので手入れが必要ですが、オイルをうまく活用することでシミや色ムラがつきにくくなります。

天然石の性質をよく理解し正しい手入れを行い、より美しく料理を彩っていきましょう。

 

 

パーティにも大活躍すること間違いなし!
おしゃれな食器のひとつとして、気軽に取り入れてみてはいかがでしょうか。