キャンプ

【ソロキャンプ】超初心者が初キャンプで経験した9つのこと

しんのすけ
しんのすけ
どうも、ぼっち充ブロガーのしんのすけです♪

本日は、ご報告があります。

私事ですが、ソロキャンプ始めました!

ぼっち遊びの最終形態ことソロキャンプをこの度始めることにしました。

先日、キャンプ経験一切なし! 道具一切なし!独身35歳が道具を1から揃え、勇気を出してソロキャンプに行って参りました。

そこで経験できたことや発見できたことなどを超初心者目線で書いていこうと思います。

ソロキャンプをこれから始めたいって方もおられると思いますので、少しでもお役に立てればなと思います。

ではよろしくお願い致します。

この記事はこんな方におすすめ

ソロキャンプに興味を持っている
ソロキャンデビューしたいけど勇気が出ない
数日後に初ソロキャンを控えている

この記事でわかること

初ソロキャンプは数多くの試練が待っている


この記事は約3分で読めます。

経験その①:初期投資にめっちゃお金がかかる!

出典:photoAC

いざキャンプを始めようと思っていても道具を揃えなければいけません。

僕が一式揃えるのにかかった総額は、

なんと15でした!

テントやタープ、テーブル、シュラフ、焚き火台などなど揃えなきゃいけないキャンプ用品はものすごくあります。

youtubeとか見たら5万あればOKとか書いてる動画もありますが、ぶっちゃけ5万じゃ超貧乏なキャンプしかできません。

 

キャンプというかただのおっさんの野宿

 

しんのすけ
しんのすけ
ぶっちゃけ、もっと質の良い物が欲しくなるので結果的に無駄な買い物となりますね

どんな趣味でもそうですが結局あとあと後悔して買い換える事になるので、そこそこ高くても質の良いギアを買うことを強くおすすめします!

テントやタープはそう簡単に買い替える事はないので出来れば質の良い国産のものを購入した方が結果的に良いかと思われます。

とにかくキャンプギアはピンキリなのでよくよく考えて購入しましょう!

経験その②:場所選びにひと苦労!

出典:photoAC

期待と緊張を膨らませて初のキャンプ場に到着するも、意外と他のキャンパーさんが多くて一気にテンパりました。

ある程度の情報は頭にいれてあったのですが、キャンパーさんが多かったのは想定外で当然ながらお目当の場所はすでに陣取られていました。

しんのすけ
しんのすけ
平日の朝を狙ったので貸切を確信してたのですが・・。アウトドアブームだからかな・・

初心者感を出したくなかったので人里離れた場所に決めたのですが、ものすごく荒地で設営に相当苦労しました。

場所によっては地面が固すぎて付属のペグではビクともしない等の何かしらのマイナスな事が起こりうるので誰もいない場所でのテントの設営はできる限り避けたほうがいいと思います。

可能であれば事前に下見をしておくのもいいかもしれません。

経験その③:テントの設営にめっちゃ時間がかかる!

出典:photoAC

初日、テントとタープを立てるのに約2時間かかりました。

前もってYoutubeで設営動画を何度もチェックしていたので雰囲気は掴んでいたのですが、実際に設営となるとそううまくはいかないものですね。

しんのすけ
しんのすけ
まさか2時間もかかるなんて..。

photo:しんのすけ

↑苦労して設営したものがこちらです。↑

しんのすけ
しんのすけ
地面がカッチカチで全くペグがささらず、何度もハンマーをもつ右手がつりました。

完成した時の達成感がマジでヤバイ‼︎

最初に設営するのに時間がかかるのはもはや当たり前! 

1度設営を経験すればコツをつかめるので、次回からはスムーズに設営できるようになりますよ。

photo:しんのすけ

↑2度目のキャンプで設営したものがこちら↑

しんのすけ
しんのすけ
わずか1時間かからずに設営を終えることができました♪調子にのって小川張りなんかしちゃってますw

経験その④:虫の多さにびびる!

出典:photoAC

キャンプ場にはハチ、トンボ、カナブン、アリ、クモといった様々な虫達がテント内に侵入していきます。

しんのすけ
しんのすけ
夏のキャンプは虫対策をしっかりと行わないと悲惨なことに…..orz

特に、夜間は虫達が活発に動き始める時間帯で、LEDに虫が大量発生します。

対策としては複数のLEDを色々な場所に設置すると効果的です!

テーブルから離れたところに虫をおびき寄せるLEDを設置し、ヘッドライトをつけて夜ご飯を食べるといったことで回避できます。

夏のキャンプでは蚊取り線香や虫撃退LEDなどが必ず必要になります。

これが無いと翌日身体中アザだらけに..。

▽僕のお勧めはこちらです▽

経験その⑤:野生動物にゴミを漁られる!

出典:photoAC

夜ご飯が終わって寝ようかと思っていると暗闇から野良猫が餌を探してキャンプ場を徘徊してきます。

しんのすけ
しんのすけ
住んでる街中と違って大自然の中なわけですから、野生動物が生息していることは別に変なことではないんですが、そもそも遭遇することがないので軽くびっくりします。

ではどんな野生動物が生息しているのでしょうか?

鷲(昼)
野良猫(夜)

カラス(早朝)

僕が実際に見た野生動物は上記の3種です。

キャンプ場や季節によって、熊や猪、猿などなども遭遇する可能性もあるとのことです。

特に注意したいのがカラスです。 街中でもよくみかけますよね?

狙われるともう最後で、必ず周囲にゴミを撒き散らされます。

そうなればキャンプ場やまわりのキャンパーさんにも迷惑がかかります。

しんのすけ
しんのすけ
夜に酒を飲み、酔った勢いで寝床にバタンキューは絶対にダメですよ?

就寝前には、カラスの目につかない場所(テントの前室などに隠すようにしましょう!

前室がない場合はカラス除けネットがあれば良いと思います。

▽僕のお勧めはこちらです▽

経験その⑥:買った食材が消費しきれない!

出典:photoAC

初キャンプのご飯って何つくろうかとかなり迷いますよね?

BBQや鍋、アヒージョなど食べたいものはたくさんあります。

ですが、

しんのすけ
しんのすけ
結局そんなに食べられないんですよね・・。

しんのすけ
しんのすけ
結果、めっちゃ余るってゆう

テントとタープを立てて、焚き火もつけ終わったあとに酒を飲んで泥酔して気付いたら深夜3時とかってゆう経験あります。。

昼夜朝の献立は事前に決めて、なるべく廃棄がでないように控えめに食材を購入しましょう。

経験その⑦:夜がとにかく暗い

出典:photoAC

キャンプ場によっては街灯なんてありません。

月光のありがたみがものすごく感じることができます。

夜ごはんを食べる時や夜中にトイレにいくときとかは明るいLEDライトが必須となります!

手持ちのランタンやLEDライトでなんとかするしかないので、必ずライトは3〜4個もっていくようにしましょう!

▽僕のお勧めはこちらです▽

1100ルーメンと非常に明るいかつ、モバイルバッテリーとしても使えるので緊急時等で強い味方になること間違いなしです!

経験その⑧:時間が余る!

出典:photoAC

初キャンプではテントやタープを建てたり、焚き火をするためのバトニングをしたり夜ごはんをつくったりとやることは一見多そうに見えますが、意外と時間が余ります。

しんのすけ
しんのすけ
初キャンの時は一通り終えたあとに酒飲んでボーっと空を見ていましたね。無心になってました!w

ファミキャンやグルキャンと違い完全ぼっちなのでやることがありません。

本を読んだり、事前にダウンロードした映画やアニメを見たり・・!

ぼーっと星空を見上げるのもありですね♪

自然に癒されちゃいましょう!

経験その⑨:野外で食べるカップ麺は格別!

出典:photoAC

お湯を注いだだけなのにカップ麺がとにかくうまい!

自分で厳選したアイテムで沸かしたお湯は価値が違うし、外で食べると100円のラーメンでもバカ美味い!

電気ケトルでお湯を沸かすのとはわけが違いますよ。

しんのすけ
しんのすけ
とにかく感動!カップ麺開発した人天才!

是非ともカップ麺をもって現地で食べてみてください!

▽僕のお勧めはこちらです▽

最後に

なんだかんだやることがありすぎて忙しかったですが

なにはともあれ初のソロキャンプはめっちゃ楽しかったです!

以上、超初心者が初ソロキャンプで経験した9つのことでした!

この記事が参考になれば嬉しいです!

ではまた♪